東京23区の会議用弁当・研修弁当・ロケ弁なら、温かい仕出し弁当 橋膳
橋膳のお弁当

ステーキには、大変希少な部位である「イチボ」を使用しております。
「イチボ」は、牛のお尻の下側の柔らかい部分だけを切り出した人気の希少部位で、柔らかく弾力のある赤身肉と、サーロインよりも上品でほどよい霜降りの脂肪分が特徴です。
牛の臀骨がH型をしているためH-bone(エイチボーン)と呼ばれ、そこからイチボと呼ばれるようになったといわれています。
冷めても固くなりにくいことから、お弁当のステーキにはピッタリです。おろしポン酢や薬味、わさびでシンプルにお肉本来の美味しさをお召し上がりください。

PAGETOP
Copyright © 丸の内 弁当の橋膳 All Rights Reserved.